「合成界面活性剤」が髪に悪い理由をみなさんご存知ですか?

「合成界面活性剤」が髪に悪いというのは皆さん聞いたことがあると思いますが、その理由はご存知ですか?

通常、ほとんどの商品に配合されている、強力な脱脂力、洗浄力のある合成界面活性剤は、キューティクルを作っているタンパク質を溶かし、細毛、枝毛、切れ毛を増やしたり、有害物質を防ぐ頭皮のバリアゾーンを壊し、抜け毛や薄毛を引き起こします。

また、合成界面活性剤自体の毒性が肝臓組織に悪影響を及ぼすなどの研究も報告されています。

5年、10年先のあなたの為に選んでほしいCHERISSY

CHERISSY(チェリッシー)の洗浄成分は、弱酸性のアミノ酸石けんを使用。

石けんは皮膚内部に浸透することもなく、皮膚と同じ弱酸性であることからバリアゾーンを保護し、
最上級の優しさで洗いあげます。

また、石けんシャンプーは泡切れの良さも特徴。
5年、10年先のあなたの為に、選んでほしい商品です。

シャンプーは華やかな香りをまといながらも、過剰に洗いすぎないシンプルさを。

逆にトリートメントは、植物由来の成分を贅沢に配合

髪をいたわり、育てていきます!

MATERIALS

~ 主成分 ~

◆ホホバオイル
皮脂バランス調整作用。
脂性肌には皮脂を抑制、反対に乾燥肌には皮脂分泌を促進。
低刺激殺菌、抗酸化、肌の弾力や潤い保持を助けます。


◆オリーブ種子オイル
日焼け、痒み等の炎症を鎮める。
また皮膚軟化作用により頭皮を健やかに保ち、高い保湿力で汚れを取り除いてくれます。

FLOWER EXTRACT

~ フラワーエキス ~

◆桜
鎮痛、鎮静、血行促進、抗菌、抗炎症に加え、多幸作用があります。


◆ガーデニア(クチナシ)
クロセチンによる血流改善、抗酸化。消炎効果にも優れます。


◆ローズマリー
血行を促し、新陳代謝を促進。細胞の老化を防止します。


◆桃
皮膚の潤いを保つほか、カテキンによる抗酸化、老化防止作用があります。

OHTER EFFECT

~ その他の効果 ~

◆ケラチン
髪をはじめ、皮膚の角質層を形成する成分

髪の原料となるアミノ酸が不足すると、
本来のアミノ酸組成とは異なった毛髪になることがあります。


◆γ-ドコサラクトン
ナタネの種子から得られる毛髪アンチエイジング素材。

ドライヤー、ヘアアイロンなどの熱により
毛髪と反応、結合して補修


毛髪キューティクルのめくれ上がりを改善し、

「うねり」
「絡まり」
「まとまらない」
「ハリコシがない」


などの加齢により増加する毛髪の様々な悩みを改善。

また毛髪と結合していることで、使用直後だけでなく、
洗い流した後も毛髪改善効果が持続します。


◆ヘアケアキューブ
ヘアケア製品の有効成分を毛髪の深部まで浸透させ、
効果を2.5倍高める技術

表面だけでなく髪の芯まで、本来の美しさを高めます。


◆スウィートフラワーブーケの香り
清潔感溢れる白とピンクの花束の香りが、
あなたの可愛さと上品さをより一層引き立たせます

強すぎない、だけど香りが長続きするよう処方をしています。


※トリートメント後にはドライヤーの使用をお薦めします。
熱によるトリートメント効果を最大に発揮させるため)


また、髪の健康、ひいては身体のためにも、
バランスの良い食生活を心がけましょう。

未来のあなたのためにCHERISSYを3ヶ月体験してみてください。

続ければ続けるだけ髪質が変わっていく。


そんな楽しみを体験してみてください。
1日目、2日目でも違いは実感できるはず。

でもまずは3か月。


未来のあなたをプロデュースするのは、今のあなたです。

Translate »